英会話は必要

学校の授業で習う英会話は、海外では通用しない。これはうん十年も昔の話。そんな時代と比べれば、今の学校教育における英語の位置付けはだいぶ改善されています。たとえば習い始めるのは小学校。まだ義務化はされていませんが、2011年から、5・6年生の授業に週1時間ですが入っています。英語の義務化の動きから、小さいうちから習わせておこうと、さまざまな英語教材や英会話スクールが世の中には増えています。
小さなうちから英会話を習わせることで、英語を受け入れやすい体制にする。3歳から英会話を習わせ、中学生ではもうネイティブ並み。なんて子供も最近では少なくありません。市町村によっては、姉妹提携都市との交流を兼ねて、年に1度、短期の語学留学を行っているところもあります。

英語を学ぶのに一番適しているのは、英語で会話する環境に飛び込むこと。ほんの数日のことでも、英語でしか話してはいけない環境に飛び込むことで、考えている以上に英語力はアップします。
日本にいながら英会話力をアップするには、各英会話を扱う企業の方向性を見極め、自分にとってどの方法が適しているのかを見極める必要があります。無料体験を実施しているところもありますので、できるだけ体験して選ぶことをお勧めします。

高校進学、大学進学に英語の検定級を持っているのが当たり前の時代に。


日本に古くからある英検はもとより、近年では英検よりも、TOEICやTOEFLを重要視するところもあります。
大阪の公立高校入試の場合、 英検・IELTS・TOEFLの級や点数などを高校入試時の英語の点数に振替えすることができる(入試での点数と選べる。)ように、平成29年度からの高校入試からかわるようです。


リンク集


健康センスアップニュース
 健康に気を使う日本人のために、役立つニュースをピックアップし、紹介しています。
 






コンテンツ


英会話リサーチラボ All Rights Reseved.